よなぐに3



島での二日目はふれあい牧場で与那国馬との出会いから始まりました。
乗馬する前に合図の言葉を習ってまたがった馬は、これまで国の内外で経験した馬よりも背丈が低いように感じたのです。
習った命令を発すると進んだり止まったりしてくれます。
いうことを聞いてくれると鬣を強くなでてやりました。
餌をやる段階で枝に着いた葉っぱを強く食いちぎるので私が引きずられそうになります。
馬力という言葉はこのようなことから出たのだろうかと一人合点していました。
午後はシルクのスカーフに草木染をしたりコースターを織ったりの体験、アルコール度数の高い泡盛焼酎の試飲など体験して夕食は島で初めてエレベーターが付いた建物という料理店での食事でした。
[PR]
# by siho306 | 2018-02-03 09:31 | Comments(0)

与那国2


島の観光スポットを歩いた午後は非常に風の強い日でした。
周囲が断崖絶壁で時化の続く海で渡るのが困難とのことでトナン「渡難」と呼ばれる島田友知りました。
日本最西端の地なので陸上自衛隊が駐屯をしています。
学校では給食代バスなどの交通費もすべて無料との説明も受けました。
島に到着した日はこうして宿に入ったのでした。
[PR]
# by siho306 | 2018-02-02 05:09 | Comments(0)

与那国1


富山、羽田往復ともに欠航になるというショッキングな体験で神経がすり減り本来の旅の記憶が遠くなっています。
朝、6時15分発の羽田から石垣空港へ、そこで小さな飛行機に乗り換えて雨の与那国島に到着しました。ここは亜熱帯気候の丁度雨期になるとかで、すっきりと晴れた天気には島滞在中無かったように思います。
島の長さが27キロ幅が4キロの小さな島で人口は1500名、お巡りさんが二人駐在しているけど泥棒はいないとの説明をガイドドライバが運転をしながら話してくれました。
日本最西端の食堂で昼食をとり午後はこの地の観光名所を歩いたのでした。

[PR]
# by siho306 | 2018-02-01 05:13 | Comments(0)

欠航騒動に巻き込まれて


スリリングに始まった旅はスリリングな幕切れで終わったのでした。
与那国島で2泊後石垣島で一泊敷いて午後1時近い羽田行きの飛行機に搭乗、羽田へは3時ころの到着でした。
ここでツアはお流れ解散となり、私は富山便の出発ゲートへ案内してもらい午後6時5分発の飛行機に乗るための時間待ちをしていました。
4時ころ天候によっては富山便が欠航になるかもしれず、正式に決まるのは5時半頃になるとのアナウンスにびっくりです。
欠航になった場合の身の処置について心配になってツアリーダーに連絡をしました。
彼は東京駅に居るけれど急遽羽田へ来てくれるとのことで、彼が到着してほどなく欠航の正式なアナウンスが流れました。
今度は新幹線に乗るための東京駅への移動です。
その間に富山空港への出迎えを予約していた高岡のタクシー会社へ予約の取り消しなどの連絡もありいろいろと疲れました。
東京駅で輝きの最終便のチケットを購入でき、9時5分発とかの最終便の乗車までの時間待ちとなったのです。
富山で下車して高岡への乗り継ぎを手伝ってくれるようにとの手配も頼みました。
今年最初の旅はとんだ人騒がせな旅となったのでした。
[PR]
# by siho306 | 2018-01-31 05:14 | Comments(0)

スリリングな旅の始まり


語るも涙、聞くも涙の旅をしてきました。
旅の出発日、雪で道路状態の悪い中を富山空港へ何時もの倍近い時間をかけていったのですが、羽田から富山へ来て折り返して羽田行きになるはずの便が、富山上空で着陸することが出来ず羽田へ戻りました。
欠航と決まったのが午後8時半ころでした。
私は高岡へ戻る交通手段は無いし富山駅行きのバスが一本あるだけです。
バスの運転手に富山駅の緑の窓口へ案内してもらうことは出来ず困り果てたのでした。
富山発の最終新幹線に乗れば東京へはつけるとの説明を全日空の係員は説明をしてくれました。
そんな深夜に私を迎えに来てくれることが出来るかどうかを携帯電話で尋ねると来てくれるとの話になって最終便で東京に向かうために全日空の所長さんが個人の車で駅の緑の窓口までサポートをしてくれたのでした。
深夜の東京都内をいくつかの乗り物を乗り継いで前泊の予約のホテルへ入ることが出来たのでした。御膳1時でした。

[PR]
# by siho306 | 2018-01-30 09:46 | Comments(0)

冷え込みきつく


午後の天候によって行動を変えなければならない日の到来です。
羽田行きの最終便が欠航となると単独で初めて新幹線を利用しなきゃならない。
先ずタクシーの運転手に新高岡駅の緑の窓口まで誘導をお願いし、そこで富山で乗り継ぐ新幹線の乗車券を求め、富山に着いて15分くらいでかがやきに乗らなきゃならないとするとjrの人にその間のサポートをお願いするのだけどスムーズに事は運ぶでしょうかね。
それにもまして、今朝はどのくらいの積雪なんでしょうか?今朝のゴミステーションへ無事に行けるかどうかも心配な朝です。
寝室の窓の結露がしっかりと凍り付いている初めて経験する冷え込みのきつい朝です。
[PR]
# by siho306 | 2018-01-25 05:18 | Comments(0)

自然の厳しさ


この冬一番の寒気の影響で風雨が強まると繰り返し聞こえてきます。
インフルエンザも広まっているようですね。
管理人が38℃の発熱だけど不燃焼物収集日の下準備や手配は自分しか分からないの出てきたとの言葉に、思わず一歩後ろへ引きましたよ。
お仕事って大変なんですよね。
どんな日になるのか私は見守るしかない日です。
[PR]
# by siho306 | 2018-01-24 05:08 | Comments(0)

交通機関


関東地方に大雪をもたらした低気圧は去り、後は冬型気圧が強まるとの予報です。
25日の羽田行きの予約搭乗券を持っている私、飛行機が欠航とも決まらない内にキャンセルは出来ないだろうと悩んでいます。
当日の交通機関に乱れの無いことを願うばかりです。
出発前に、このようにもたついた旅は初めてなので困惑しきりです。
[PR]
# by siho306 | 2018-01-23 04:59 | Comments(0)

冴えない週初め


数日前から所によっては大雪になると伝わっていた朝です。
どの程度の寒波がどのような影響を及ぼすのかは不明なので運を天に任せるとは思うのですがやはり気になります。
産まれ月に役所へ提出しなければならない書類は届いているけれど毎年代筆してくれるケアマネからは、今年になって未だ1度の連絡も無しとなると、これも気がかりです。
全てを人に頼って生きている身、なんともさえない気分で迎えた週初めです。

[PR]
# by siho306 | 2018-01-22 04:47 | Comments(0)

待ち遠しい春


新聞各紙の社説は多く米大統領就任一周年関連記事で埋まっていましたね。
今後米国民がどのような意向で大統領に対応していくかが少し気になるのでした。
夜明けの時間が少しづつ早くなる時期になったようです。
春分が早く来てほしいなどと待ち望んでいます。

[PR]
# by siho306 | 2018-01-21 05:00 | Comments(0)