<   2019年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

一人笑い


「話芸百選」番組ん放送時に目が覚めました。
林家昭三師匠に弟子が、お餅にはどうしてカビが生えるのかと聞くと食べないからだとの返事が返ってきたとかお土産にもらったアーモンドチョコレートを食べて、このチョコレートには種があると話されたという逸話を聞いて、一人お布団の中で笑っていました。
肝心の落語のことはすっかり忘れているのに逸話の報を覚えている困ったリスナーです。
私も種のあるチョコレートが食べたくなっちゃった。ハハハ
by siho306 | 2019-01-20 05:42 | Comments(0)

プレイストーク


音訳されたデージー図書はプレイクストークで聴いています
この機器のスタートボタンの反応が悪くなったのは、買い替えの時期が来たのだろうと判断して、ライトセンターへ相談の電話を入れました。
日常生活支援の製品だから役所へ申請するようにとの助言を受けたので、時折風雪の舞う中を役所へ行きました。
窓口の担当係員は親切に対応してくれて申請書の記入もして下さった。
新しい製品がと説けば、慣れない操作に又悩むのだろうと少々気の重い気分です。
by siho306 | 2019-01-19 05:33 | Comments(0)

睡魔


目下、関心の強い認知症進行を遅らせる食事の研究をしているという人の番組が聞こえてきました。
最初、和食が適していてカロリーオーバーにならないようにするとのことは理解が出来たのですが、食品のどの成分がどのような働きをするなどとの説明になると、睡魔の方が強くなって意識不明です。
私のような無精者にはとても出来ないことなので、なるように任せて過ごすしかないのだろうなと諦めの気持ちになるのでした。
by siho306 | 2019-01-18 05:32 | Comments(0)

質問


歌会初めも終わり芥川賞、直木賞の受賞作の発表もありました。
受賞作品をゆっくりと呼んでみたいと願っています。
その日のウオーキングの途中で突然、貴女のブログを読みに来る人があるのかとの質問を受け、一瞬言葉が出なかった。
誰かに私がブログを書いていると聞いての質問だったのでしょう。
そのような質問をこれまで経験していなかったので、悪気は無いのだろうけど相手を戸惑わせるような質問をする介助者の資質に少し疑問を感じたのでした。
by siho306 | 2019-01-17 05:31 | Comments(0)

明るい兆し


国の内外から、いろいろなニュースが聞こえてきます。
暗い内容のお話が多いように思います。
それに引き換え、数日前から日の出の時間が少しずつ早くなってきています。
明るい季節に向かう兆候が出てきて何となく嬉しくなるのでした。
by siho306 | 2019-01-16 05:34 | Comments(0)

青年の主張


かつて、成人の日の前後に「青年の主張」を募集する行事がありました。
応募作をブロックごとに審査して、最後に日本一を決めるという行事だったと記憶しています。
私はこの応募作を審査するのを聞くのが好きでした。
若々しい希望や夢を自作自演される様子を聴くのがとても楽しみだったのですが、この行事いつの間にかなくなっています。
時代なんでしょうかね。少し寂しく思うのでした。
by siho306 | 2019-01-15 05:14 | Comments(0)

成人式


各地から成人式の様子が伝わってきます。
私が成人式を迎えたのは、この日が祝日として認定された頃だと思います。
同期生の殆どは前の年に成人式を迎えたのですが、2月生まれの私は日と足遅く成人式を迎え、一人で会場へ行った記憶があります。
勿論晴れ着着用の風習は無い時代でした。
新しく作ってもらったオーバーコートを着用して公会堂の末席に座っていました。
もう半世紀以前のお話でした。
by siho306 | 2019-01-14 05:59 | Comments(0)

匂いだけの鍋祭り


今年の鍋祭りは、天候に恵まれているようです。
一緒に行こうと誘ってくれた友は、歩くのが困難いなってもう、声をかけてくれなくなりました。
開店準備で忙しそうに立ち働く人たちの中をウオーキング介助者と匂いだけを嗅いで歩いてきました。
残念です。
by siho306 | 2019-01-13 05:29 | Comments(0)

夢の中


夢の中で、自作自演のドラマを演じていました。
気が付くと朝の5時です。
私としては珍しいお寝坊です
少々慌てています。「笑い」
by siho306 | 2019-01-12 05:40 | Comments(0)

命日


記憶力減退の著しい私が忘れないようにと1にこだわった平成11年1月11日に夫は黄泉の国へ旅立ちました。
雪の多い年でした。
甘辛両刀使いの彼は鏡開きの日に、勤務先の女子職員が作るお汁粉をお替りして飲んだと言います。

ナナコシのあんこを使って手軽にぜんざいを作ろうかなと思っています。
by siho306 | 2019-01-11 05:38 | Comments(0)