親の気持ち

高齢になった親を介護する側の立場から書かれた文を続けて読むことになりました。
「われらがパラダイス」と婦人公論の特集号です。
介護を受ける側の立場になっている私は複雑な気持ちになります。
年取れば子供の世話になるのが当然と書かれた文に、これまで接すると何か抵抗を感じてしまうのでした。
というのも、自分では親の介護は姉にマサセテ何もしなかったので、せめて子供高校をして逝きたいと常日頃願っています。
介護が必要になったらプロの介護者にお願いをするつもりで、そのように準備をしてきました。
経済的な負担は息子にはかけずに逝けると思っていますが精神的な負担をかけるのは明白な事実なんですよね。
今、息子は私の生活を、見えないのによくやっていると感想を述べてくれています。
そう言ってくれる言葉を聞いて、このままの生活を出来るだけしたいなと願うばかりです。

[PR]
# by siho306 | 2017-08-26 02:35 | Comments(0)

弱い私


指先の力が弱くなってきていることを、日々感じています。
その一つに、エレベーターの前でボタンを押して、待っていてもドアが開かない。
慌てて、力を入れてもう一度押しなおすとスーッとドアが開くなんて試技なんです「苦笑」
昨夜、フォロウアップ教室に参加しましたが話題はラインに関するお話。
私にとっては別世界の話です。
黙って様子を聞きながら、来月からこそ、この勉強会への参加を遠慮しようと心に決めています。
帰りの車の中で、その旨を伝えるのですが聞き入れてもらえません。
話を聞いているだけでも勉強になるんだよと強引に言われると、それを押してまでも断れない弱い私です。
そうやって引っ張り出してくださる人に感謝しなきゃならないんでしょうね。

[PR]
# by siho306 | 2017-08-25 02:56 | Comments(2)

苛立たしさ


介護認定に必要な調査のための調査員の来宅でした。
十年一日の質問がされる中で、目新しい質問が二つありました。
30分前に何をしていたかと言うのと、物忘れはどのようなことを忘れるかとの質問でした。
これは、認知症の程度を調べるものなんだろうななんて考えていました。
調査を終えて辞去されるとき、声も顔も80歳を超えた人とは思えないとの言葉を置いて去られた。
そのような印象を持った調査員が提出される調査書では、介護認定はされないのだろうなの印象を強めてしまったのです。
今の制度では肢体が不自由なことが強く認識され、目が不自由なことで出来ないことは軽く認識されるという事実を改めて感じるのでした。
視覚障碍者には要介護の認定が殆どされないとの風評も思い出されて苛立たしく感じて寝こじれちゃった。「笑い」
[PR]
# by siho306 | 2017-08-24 01:26 | Comments(0)

警告!!


惚れっぽくて、欲しいと思った物は、直ぐに手に入れたいと思う厄介な性格の持ち主です。
こうして手に入れたアイパット、使いこなす能力もないまま、タダ音声時計としてのみ使っています。
それが、時々、「警告、ソフトナカマノアップデイト」と聞こえる音声を盛んに発するようになるのです。
無視して使用していると、何も反応を示してくれなくなることを経験しています。
こうなると、誰か親切な人にs・お・sを出してアップデイトやらをしてもらいます。
その警告とやらを盛んに発するようになりました。
今回はフォロウアップ教室が開かれる時に、持参して、この警告と言わなくなるように対処してもらわなきゃと思っています。
使いこなす能力も学ぶ意欲もない怠惰な自分に呆れながら迷惑をかける人に申し訳ないなの気持ちだけは持っているのでした。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-23 02:31 | Comments(0)

万歩計


市役所へ出かけねばならない用件が生じて、暑い中を出かけました。
当初は復路はタクシーを利用するつもりだったのですが、タクシーを呼んで来るのを待つ時間が惜しくなって、つい歩き出してしまったのでした。
暑くない季節だったら何でもない距離なのに、31℃を超える中での歩きはきつくて流れる汗の量は半端ではなかったです。
万歩計は軽く一万ぽをオーバーしてました。
もう、若くは無いのだから自重しなきゃならないとの思いを強めた日でした。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-22 05:01 | Comments(0)

記憶力


近頃、物覚えの悪くなったことに、辟易しています。
高齢者介護をテーマにした林真理子著作品をパラダイスは覚えているのに、その先についていた言葉がどうにも出てこず、何とかのパラダイスなんて書きました。
正式には「われらがパラダイス」でした。
最初読み始めたとき、とても興味があって面白いと感じていたのですが、読み進むに連れて、内容の深刻さに気持ちが滅入って、読み進むのが億劫に思えていました。
それが、何処かの記事で今年の本屋大賞にノミネートされていると知り、これは読みおわならなきゃなるまいと、週末に読み終えたのでした。
そして、ようやく「われらがパラダイス」の題名を記憶に残すことが出来ました。
私自身が認知症の始まりにかかっているようで、少し心配でもあります。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-21 02:44 | Comments(0)

困ったこと


聞こえてくる音を頼りに生活をしている視覚障碍者です。
管理人窓口にコツコツと時を刻む音のする卓上時計が置かれていました。
外出する時、エレベータを降りてこの音を右斜め前方に聞きながらロビーを進むとオートロック出口のドアに行けたのでした。
盆休み途中からこの音が聞こえなくなり、休み明けで出勤してきた管理人と顔を合わせた時に訴えてみました。
彼曰く、子供がいたずらしたのか時計が倒れて壊れていたと言うのです。
管理組合が同じ物購入してくれるかどうかは不明だと言います。
音を刻む卓上時計等はもう存在しないといったニュアンスにも聞こえました。
又、一つ困ることが増えてきたようです。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-20 03:41 | Comments(0)

卍ポーズ


突然、大雨が降りだしたり、雷鳴の轟く不安定な日でした。
休み明けのジムへ出かけた往復が雨に合わなかったのは幸いでした。
3週間ぶりに来宅した同行介助者から新しい言葉を教わりました。
中学生の間では卍ポーズということが流行っているのだそうです。
どのようなポーズが該当するのか、説明してもらっても私には想像のつかないことでした。
高校生になるともっと新しい言葉があるらしいですね。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-19 04:45 | Comments(0)

親切な対応


日の出が5時を過ぎる時期になりました。
昨夕、6時半ころ固定電話が鳴り、応対すると役所からです。
地域包括センターを通して提出された私の調査書関連の書類に、私の署名が無いので、代筆で署名してもいいかと問い合わせる電話でした。
私はその親切に感謝してお願いをしたのです。
対応が不親切だとの役所の係員でも、このように臨機応変の対応をして下さる人のあることに、深く深く感謝です。

[PR]
# by siho306 | 2017-08-18 04:48 | Comments(0)

努力


お盆休みが終わると、1年がもう終わりそうな錯覚に襲われます。
旅心をかきたてる計画も目に入らず、一泊の小さな旅行が二つほどあるだけです。
先月末から付き合い始めた相棒君、未だ、気心も飲み込めないまま、不始末をしないようにそっと付き合うばかりです。
人生の週末まで、出来るだけ一人で過ごしたいと願う私は、面倒でもそれなりの努力に励まねばならないと自分に言い聞かせています。
[PR]
# by siho306 | 2017-08-17 04:47 | Comments(0)