しんどい作業


立山に初冠雪のニュースに、背を押されてホットカーペットを敷きました。
部屋の四隅とカーペットの角を合わせるのに、手と足の触角をフル回転させての作業でいささかしんどかったです。
家庭内の作業だから、郵便物のチェックで来宅する人に、お手伝いをお願いしてもいいのではなかろうかとの思いも去来したのですが、やはり規制とかに引っかかるのだろうか?かと自分に言い聞かせて一人でしました。
年々体力気力が衰えて、これまでできたことがしんどく思える甲斐性無しの私です。
平均寿命まで後数年ですけどね。頑張らなきゃならないんでしょうね。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-18 04:51 | Comments(0)

名称


「気になる日本語」の番組を聞きました。
名称の後に「さん」を付けるか否かが話題の一つにありました。
このことに関して、私は興味があるのです。
歴史上や著名な人物名は平気で呼び捨てに出来るけれど、生存している人物名を呼び捨てにするのはなんだかはばかられ、さりとて「さん」をつけてはなれなれしくて申し訳ないような気分になります。
歌番組の紹介等では、作詞作曲者名は呼び捨てなのに歌う歌手名にはさんを付けて紹介されるのを聞くと、何を昇順にされているのだろうかとつい考えてしまうひねくれ者です。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-17 04:55 | Comments(0)

寝ぼけて


眠り病にかかったように、眠りこけていました。
でも毎朝起床する時間に目が覚めたということは病気ではなかったようです。「苦笑」
二日間一歩も外出せず、来宅者も無かったので何処かのタガが緩んでいたのでしょうね。
今朝からは大丈夫です。
来宅予定者が二人あり、お弁当の配達人も来てくれるはずです。
通常の生活ペースが戻ってきます。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-16 04:49 | Comments(0)

メランコリックな秋


予定の無い週末を過ごしています。
富山のライトセンターでは、本日文化祭が開催されるとお世話係が電話で案内を下さったけれど、出かける意欲は全くありません。
ツーカーで会話のできる人が、少なくなっています。
冥加や柿を届けてくれた友も、歩行困難になって来てはくれなくなっています。
それぞれの事情で会うことが少なくなってきている高齢者です。
未だ、身体的に痛いところが無く、最低限の身の始末のできることに感謝です。
今年も落ち鮎が食べれなかったなと残念に思いながらも過ごせる幸せ者です
[PR]
# by siho306 | 2017-10-15 04:56 | Comments(0)

ダークフライデイ


私にとって昨日はダークフライデイでした。
朝、いつものようにブログ更新作業を始めると、記入すべき記事本体の挿入すべき場所に、準備しておいた記事本体が貼りついてくれない。
数回繰り返して、何らかのトラブルで記事本文が消えているのだろうと推測し、改めて記事本文の準備からして操作をすると、無事に貼りつき、送信が出来たときはほっとしました。
頭の回転が悪くなって、操作ミスをすることが多くなっています。
そろそろ引退すべき時が来たのでは?と考えることも多くなりました。
今回は、何とか自力でトラブルを解消して事なきを得たのですがなんとも気分の悪いダークフライデイでした。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-14 04:51 | Comments(0)

厳しい規制


冷たい雨の降るダークフライデイの朝です。
今月は新しいヘルパー利用制度の利用が始まる月です。
随分、規制が厳しくなったようです。
これまでは手で持ち運ぶのに大きすぎる買い物、例えばトイレットペーパー等は、次回来宅の時に買ってきてねとお願いが出来たのですが、代金の支払いの建て替えがあるようなことは絶対に許されない。
あくまでもヘルパー利用時間内にお願いをしなきゃならないという規制だそうです。
自転車で来宅するヘルパーにそのような買い物までお願いする時間は無いのです。
だんだん規制が厳しくて過ごしにくくなるんだなあとの実感を強めています。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-13 05:11 | Comments(0)

厳しい規制



[PR]
# by siho306 | 2017-10-13 05:02 | Comments(0)

本との出会い


今年のノベル文学賞作者の作品がサピエ図書に9編収録されていました。
その中から最初に「日の名残り」を選んで読みだしたのは正解だったと思っています。
作品は、大邸宅に住む英国貴族の執事が一人称で語るといった形式の著書です。
読み始めのころ、外国人名に戸惑うことも多かったのですが、読み進むうちに綴られる出来事の一つ一つに曳かされて一気に読み終えました。
時代背景等も何となく理解が出来たからだと思います。
私とは時限の違う世界のことながら何となく曳かされることの多い作品でした。
最後には題名の由来も理解できて満足のできる本との出会いでした。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-12 04:45 | Comments(0)

旅ラジ


今週のnhkラジオタビラジは富山放送局の担当です。
月曜日は富山健司述巻からの実況で富山弁で落語を話す人が県外を回っているとの話題がありました。
火曜日は氷見からの放送なので海の幸が話題になるのだろうと思っていると山の幸、マコモタケのお話でした。
シャキシャキした歯触りの美味しい作物だそうですね。
私は、まだ食べたことが無いので、そのうちに味わってみたいと思います。
今日、明日はどこでどんな話題を取り上げてくれるのか楽しみです。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-11 04:45 | Comments(0)

品格


時の人の著作を読むことにしました。
最初に、どの作品から読もうかと迷い、英国で権威のある文学賞を受賞したという作品を選びました。
プロローグを読み始めて、登場する人物名、地名がカタカナ語であることに改めて翻訳書であることに気の付く迂闊者です。
品格という言葉が頻発するこの国の作品を品格とは無縁の私が親しく読める時代に感謝するばかりです。
長らく翻訳書を読んでいなかったので、慣れるまで少し時間がかかるかな?なんて思いながらの読書です。
[PR]
# by siho306 | 2017-10-10 04:54 | Comments(0)