<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

深夜の作業


新しい相棒と付き合い始めて約一か月が経ちました。
戸惑うことが多いのですが何とか付き合っています。
先ず、起動をしてスタートメニューでマイエジットを押すといきなり「進行状況」と言ったきり後の操作をしても無反応になっちゃうのです。
こうなると最初からスタートを始めなおすとスムースに動き出してこれが書ける状況になります。
同じ操作をしているのに、昨日とは違った画面が現れて、考えながらタブキーを押して進まなきゃならなくなる日もあるのです。
一眠りして目覚めたとき、今日の相棒の気持ちはどうだろうかと考えると落ち着かなくなって、深夜に起きだして相棒に向かうという日が出てきます。「笑い」
何とかブログの更新が出来ると安心してもう一度ベッドに戻ってやっと安どのまどろみに入るのでした。
少し気心が理解できて来たように思うのですが、まだまだ使いこなすには時間が必要なんでしょうね。
[PR]
by siho306 | 2017-08-31 02:36 | Comments(0)

ミサイル騒動


日本上空を北朝鮮のミサイルが通過したと大騒ぎの日でしたね。
広場での体操はラジオ体操の休止でお休みとなり、帰宅するとラジオ、テレビはミサイル関連のニュースで賑わっています。
こんなに日本が大騒ぎをすると、相手の国はほくそ笑んでいるのではなかろうかと思ってしまいます。
話し合いにも経済的な圧迫にも答えないならず者のようなこの国に、どう対応すればいいのだろうかと浅学の私も、考えちゃう。
余り騒ぐ様子を見せてはいけないと思うんですけどね。
[PR]
by siho306 | 2017-08-30 04:50 | Comments(0)

玉ねぎコロコロ


冷蔵の必要のない野菜類は、直射日光のささない側の廊下に面した一隅で保管しています。
その籠から玉ねぎを一個取り出したとき、手が滑って落としてしまいました。
玉ねぎはコロコロ音をさせながら転がっていきます。
廊下を四つん這いになって音のした方角を探っていくと隣室の門扉の下の隙間をスルーしていったようで、私の廊下には無くなっていました。
朝、早くから隣室を訪問するわけにはいかず、玉ねぎは諦めたのでした。
後で、隣家の主婦が外出される時に、玉ねぎが一個遊びに行っていなかったかと聞いてみると、彼女はゴミだと思って、今朝のゴミ出しの時に捨てたとおっしゃる。
玉ねぎがゴミに感じられたんでしょうかね。
訳を話すと、聴いてみればよかったわねと言ってくださったのですが、なんともすっきりしない気分でした。

[PR]
by siho306 | 2017-08-29 02:24 | Comments(0)

ハプニング


孫娘が彼氏を伴って、息子の任地へ出かけることになったと聞いたのは夏の初めころでした。
それを迎える準備をしていると息子から聞いていました。
いよいよ、その訪ねて来る約束の前日、彼氏が出張先の国から帰国する飛行機が欠航になってドラマのようなハプニングが生じたのだそうです。
予定の息子の任地への飛行機に乗れるかどうかで大騒ぎになったようですが、どうやらいろいろと手を尽くして当初約束していた時間より2時間ばかり遅れただけで三社は交流出来たと息子が知らせてくれました。
用意した場所での楽しい食事も出来、合った彼氏は好青年だったとの印象も知らせてくれました。
スマホのお陰で、連絡がスムーズについたとも言っています。
スマホデビューのできない私は便利になった時代を外野からのぞくばかりです。
[PR]
by siho306 | 2017-08-28 02:24 | Comments(0)

川柳


夏休み最後の土曜日に、子供文芸作の入選作の放送を聞きました。
川柳のお題は「力」です。
中学生の入選作の一つにソンタクよりも必要なのは説明力という内容の作があり感心しました。
中学生ともなると社会風刺のきいた川柳を作る子供もあるのに感心しきりです。
小学生の作品にも素直で感性豊かな作品が多くて、大いに楽しませてもらった放送でした。

[PR]
by siho306 | 2017-08-27 04:35 | Comments(0)

親の気持ち

高齢になった親を介護する側の立場から書かれた文を続けて読むことになりました。
「われらがパラダイス」と婦人公論の特集号です。
介護を受ける側の立場になっている私は複雑な気持ちになります。
年取れば子供の世話になるのが当然と書かれた文に、これまで接すると何か抵抗を感じてしまうのでした。
というのも、自分では親の介護は姉にマサセテ何もしなかったので、せめて子供高校をして逝きたいと常日頃願っています。
介護が必要になったらプロの介護者にお願いをするつもりで、そのように準備をしてきました。
経済的な負担は息子にはかけずに逝けると思っていますが精神的な負担をかけるのは明白な事実なんですよね。
今、息子は私の生活を、見えないのによくやっていると感想を述べてくれています。
そう言ってくれる言葉を聞いて、このままの生活を出来るだけしたいなと願うばかりです。

[PR]
by siho306 | 2017-08-26 02:35 | Comments(0)

弱い私


指先の力が弱くなってきていることを、日々感じています。
その一つに、エレベーターの前でボタンを押して、待っていてもドアが開かない。
慌てて、力を入れてもう一度押しなおすとスーッとドアが開くなんて試技なんです「苦笑」
昨夜、フォロウアップ教室に参加しましたが話題はラインに関するお話。
私にとっては別世界の話です。
黙って様子を聞きながら、来月からこそ、この勉強会への参加を遠慮しようと心に決めています。
帰りの車の中で、その旨を伝えるのですが聞き入れてもらえません。
話を聞いているだけでも勉強になるんだよと強引に言われると、それを押してまでも断れない弱い私です。
そうやって引っ張り出してくださる人に感謝しなきゃならないんでしょうね。

[PR]
by siho306 | 2017-08-25 02:56 | Comments(2)

苛立たしさ


介護認定に必要な調査のための調査員の来宅でした。
十年一日の質問がされる中で、目新しい質問が二つありました。
30分前に何をしていたかと言うのと、物忘れはどのようなことを忘れるかとの質問でした。
これは、認知症の程度を調べるものなんだろうななんて考えていました。
調査を終えて辞去されるとき、声も顔も80歳を超えた人とは思えないとの言葉を置いて去られた。
そのような印象を持った調査員が提出される調査書では、介護認定はされないのだろうなの印象を強めてしまったのです。
今の制度では肢体が不自由なことが強く認識され、目が不自由なことで出来ないことは軽く認識されるという事実を改めて感じるのでした。
視覚障碍者には要介護の認定が殆どされないとの風評も思い出されて苛立たしく感じて寝こじれちゃった。「笑い」
[PR]
by siho306 | 2017-08-24 01:26 | Comments(0)

警告!!


惚れっぽくて、欲しいと思った物は、直ぐに手に入れたいと思う厄介な性格の持ち主です。
こうして手に入れたアイパット、使いこなす能力もないまま、タダ音声時計としてのみ使っています。
それが、時々、「警告、ソフトナカマノアップデイト」と聞こえる音声を盛んに発するようになるのです。
無視して使用していると、何も反応を示してくれなくなることを経験しています。
こうなると、誰か親切な人にs・お・sを出してアップデイトやらをしてもらいます。
その警告とやらを盛んに発するようになりました。
今回はフォロウアップ教室が開かれる時に、持参して、この警告と言わなくなるように対処してもらわなきゃと思っています。
使いこなす能力も学ぶ意欲もない怠惰な自分に呆れながら迷惑をかける人に申し訳ないなの気持ちだけは持っているのでした。
[PR]
by siho306 | 2017-08-23 02:31 | Comments(0)

万歩計


市役所へ出かけねばならない用件が生じて、暑い中を出かけました。
当初は復路はタクシーを利用するつもりだったのですが、タクシーを呼んで来るのを待つ時間が惜しくなって、つい歩き出してしまったのでした。
暑くない季節だったら何でもない距離なのに、31℃を超える中での歩きはきつくて流れる汗の量は半端ではなかったです。
万歩計は軽く一万ぽをオーバーしてました。
もう、若くは無いのだから自重しなきゃならないとの思いを強めた日でした。
[PR]
by siho306 | 2017-08-22 05:01 | Comments(0)