<   2017年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

違和感


張りつめていた緊張感が和らいできた日は、暑い日でした。
日中、ダラダラと過ごした夜、フォロウアップ教室の一隅に座っていました。
参加者の意欲いっぱいの話を聞きながら、違和感を持って座っていました。
年代も生活環境も価値観も違う人の意見にはむなしさを感じます。
このむなしさを辛抱して聴いていることに我慢が出来なくなってきている私です。
だんだんわがままが高じているのは分かっているのですが、興味の湧かない話題には辛抱ができなくなってきています。
困ったものですね。
[PR]
by siho306 | 2017-06-30 04:48 | Comments(0)

温泉宿


私の旅行に関心を持ってくださる人の来宅となると、トーキングマシーンのようにおしゃべりをします。
今回の宿泊温泉宿では、到着して部屋に入ると、仲居さんが挨拶に来るという風習がまだ残っている地方でした。
部屋のテーブルには茶菓子や漬物が置かれています。
徳利に濁り酒が入れてあるのもありました。
土地柄なんでしょうかね。
私は、紅花染めのハンカチを見せながらおしゃべりに興じるのでした。
今朝あたり買い求めた紅花茶でも入れて寛ごうかの心境になっています。
[PR]
by siho306 | 2017-06-29 04:48 | Comments(0)

疲労感


山形の旅から帰って一週間が過ぎました。
この一週間はとても慌ただしい日々でした。
旅の後始末をしながら、ダンス例会への参加、治療の始まった歯科医院への通院。
銀行への用足し等、それぞれの動向援護者の助けを受けてこなしたのですが、いつもの国内旅行より疲労感が取れないのは、加齢による現象なのだろうと自己診断しています。
来週には、夫の三姉妹が揃って墓参に来るとの案内があり、それに備えての予約をにかっ所に入れて、ようやく昨日ほっとできました。
今日からは通常の生活ペースに戻れそうです。
[PR]
by siho306 | 2017-06-28 04:40 | Comments(0)

ぐるり山形5


東京駅で、お流れ解散をした後に、私にはまだ富山へ帰るたびが残っています。
羽田で、飛行機が遅れるお詫びのアナウンスを何度も聞きながら、富山空港へ迎えに来るようにと予約しているタクシーへの連絡報を案じていました。
そんな私に、旅の始まりの時、集合場所まで介助をしてくれた空港の係員が話しかけてきてくれたのです。
その時におしゃべりをした私の話がとても楽しかったのでと、サクランボの味がするという紅茶のテイパックのひと包みを手渡してくれます。
嬉しいことでした。
そこでおねだりをしました。
富山空港へ連絡をしてタクシー会社へ飛行機が遅れることを告げてほしいと連絡してほしいと言ってみました。
係員は快く引き受けてくれて、私の心係は消えました。
旅の終わりに、心優しい人からプレゼントまで頂戴して私のおしゃべりもこんな結果をもたらすこともあるのだと嬉しい出会いの思い出ができたことに感謝でした。
[PR]
by siho306 | 2017-06-27 02:41 | Comments(0)

ぐるりやまがた4



旅の最終日は雨になりました。
朝いちばんに夕鶴の里で鶴の恩返し等の民話を聞いて、バラ園に行ったのです。大きなバラ園で多種類の満開の花を触らせてもらって楽しみました。
落ちている花びらをビニール袋に入れて、帰宅後バスタブに浮かべてバラ風呂を楽しむのだとせっせと花びらを拾っている人もありましたが、後のお掃除が大変だろうなと無粋な婆は後始末のことを心配してました。「笑い」
そこから米沢市に入り、米沢牛のすき焼き定食を食べました。
食後市内観光をして上杉神社参詣です。
境内にはお土産屋はもとよりレストランもありましたよ。
米沢コロッケが有名とのバスガイドの口車に乗って私も2個のコロッケを買い求めました。
これは羽田でのダイヤ混乱でゲイトの前で待機している時に、空腹を満たすために食べちゃいました。
こうして米沢での観光を終えて山形新幹線んで東京駅へ戻ったのでした。
[PR]
by siho306 | 2017-06-26 04:49 | Comments(1)

ぐるりやまがた3


いよいよ本番のサクランボ狩りの日です。「笑い」
宿を8時に出発して将棋で有名な天道に入りました。
立派な将棋会館のような一室で紅花染めの体験です。
大判のハンカチに輪ゴムなどで染まらない場所を作って染めるのでした。美的センスのない私、空いている場所を見つけては輪ゴムで絞めて染めてもらいました。
出来上がった品はとても素敵な模様になっているなんて褒めてもらったのですがお世辞に間違いありません。「苦笑」
そこからいよいよ本番の果樹園でのサクランボ狩りです。
食べましたよ。
手当たり次第積んでは口へ、種をペット吐き出しては次のサクランボを、一本しかないというナポレオンの木からも積んでは食べの連続ですっかり満足でした。
昼は手打ちのうどん屋さんでの食事ですが、サクランボでお腹がいっぱいで、ご飯は残しました。
午後は芭蕉が「静かさや 
岩にしみいる蝉の声」の名句を残した1015段の石段のあるお寺です。
歩くことに自信のある私ですが、降りることを考えて半分のところで折り返しました。
全部上った人は膝が笑ったと話してました。
その日の宿泊温泉はなんという温泉だったか失念しています。最後の宿泊地だったのですけどね。
[PR]
by siho306 | 2017-06-25 04:53 | Comments(1)

ぐるり山形2


湯野原温泉を8時半出発で、鶴岡へ向かいました。
ここでは古い教会や文化財に指定されているという建造物の中に展示されているつるし雛等の展示品を狭くて高い段差の階段を昇り降りして、鑑賞し次なる酒田へ移動です。
昔の旦那衆が寄合をしたり食事をしたという古い料亭で昼食でした。
食後酒田の舞娘さんの舞や歌を鑑賞です。
ここの舞娘さんは京の舞妓さんのだらりの帯ではなくてちゃんと結んであるそうです。
午後、最上川下りです。
依然訪れた時のひなびた感じの川下りとはすっかり様変わりをした船着き場や船の大きさに時代を感じました。
風の強い日でしたが川の向こう岸にはサクランボを食べに来ている熊の親子の姿も見えるとのことでした。
その後、宿泊の瀬見温泉といったかな?その宿に着いて二日目は終わりました。
[PR]
by siho306 | 2017-06-24 03:04 | Comments(0)

ぐるり山形1


揺れた飛行機で、庄内空港へ到着でした。
専用バスで羽黒山へ向かいます。
五重の塔へ近づくには自然の石で組まれた石段の道を歩かねばならず、この石段には神経を使いました。
その日の宿泊は、夕日が美しく見えることを売り物にしている湯野原温泉でした。
夕食までの時間、砂浜を散策して裸足で、久しぶりの砂浜を体験、旅の第一日は暮れたのでした。
[PR]
by siho306 | 2017-06-23 04:50 | Comments(0)

ダイヤの乱れ


空のダイヤが乱れて大混雑の羽田から80分あまり遅れた最終便で帰宅しました。
それと訂正が一つ。
依然、ソラタクの料金を2500円だと報告しましたが、今年からは3500円に値上がりしてました。
とりあえず訂正まで。
[PR]
by siho306 | 2017-06-22 04:38 | Comments(0)

山形方面へ


5時45分に予約のタクシーが来る予定です。
サクランボ狩りの楽しさに惹かれて再訪します。「笑い」
今回は羽田を11時発の飛行機での山形入りです。
行ってきまーす。
[PR]
by siho306 | 2017-06-18 04:17 | Comments(0)