眠り病


読書の秋の到来です。
外出や来宅予定者の無い日は、ゆっくりと上下巻のある長編小説に挑戦しようかと思ったところまでは上出来でした。
爽やかな風が流れて来る快適な室温の中で読んでいたはずなのに気が付くと、デージーだけが一人でしゃべっていたというわけです。
場所を移して、ボヤキ川柳の番組を聞いていたのに気が付くと来週の募集題を放送している。
兎に角座ると居眠りが始まって頭の回転がストップ状態です。
本日もそのような日になりそうで活を入れたいのですがたがの緩んだ頭、どうすればいいでしょうね。「笑い」
[PR]
by siho306 | 2017-09-10 04:40 | Comments(0)