直訴


介護認定を受けるのに必要な医師の意見書を貰うためにの眼科受診でした。
長い時間待った後の意志との会話になった時、現在、要支援の介護認定ではヘルパーの利用が出来なくなるので、要介護の認定が貰えるような意見書を書いて欲しいと申告しました。
同公社は余計なことは言わない方がいいとの助言をしていましたが、私は実情をご存じで無いらしい医師に、全盲で一人暮らしの私が要支援の認定では生活に支障が来ることあを告げたのでした。
駄目、モトで伝えることは言うべきだとの思いで発言でした。
結果がどう出るかは分からないのですが、言うべきことは言ったと帰宅して昼食を食べたのは午後2時になっていました。
暑い暑い日でした。
[PR]
by siho306 | 2017-08-08 02:29 | Comments(0)