雪ノ下の大根


正月太りを貯めながら、1月の後半になりました。
お日様の暖かな恵みを浴びながら出かけたジムは、珍しく貸切状態です。
自転車こぎで一汗流したのですが、一朝一夕では効果は出ないですよね。
雪の下から掘り出したという大根と葱をもらいました。
此方のほうでダイエットに励みたいとは思うのですが、無理でしょうね。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-19 04:58 | Trackback | Comments(0)

懐炉


美容院へ行くのに乗ったタクシーの運転手君が、背中に2枚はった懐炉が暖かすぎるとぼやいていました。
来宅するヘルパーの中の一人が、仕事に出るときは懐炉をはって出かけるのだと言っていたのを思い出しました。現役で働く人の中に懐炉を愛用する人がわりにあるんだなと少しばかり感心したのでした。

そんな折に、気象予報士が、停電に備えて電気を使わない暖房法を考えておくようにとのコメントを出しているのが聞こえてきました。
私の場合は、懐炉だなと納得。
そういえばずーっと前の敬老の日プレゼントでコッカロンをもらったような記憶があったと探してみたんです。
一個残っていました。
でも、これは有効期限が切れているんですよね。「笑い」
[PR]
# by siho306 | 2017-01-18 04:57 | Trackback | Comments(0)

雪道


久しぶりに雪道を歩きました。
氷点下の朝は、片側だけのアーケードの商店街では、吹き込んだ雪で歩きにくい道になっています。
融雪のために水を流している広い道幅の道路では両端にとけ残った雪があってこれも歩きにくい。
邪魔する雪のない大地をしっかりと踏みしめて歩ける日を待ちます。
今回の寒波で、つららの下がった家が多くみられるそうです。
最近は、つららの下がった家を見ることが少なくなったわねと話し合って間のない日のことでした。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-17 04:55 | Trackback | Comments(0)

スコップ


ラジオニュースのトップに、雪が話題になる日が続いています。
温暖な地方に積雪があると大変なようですね。
今朝も除雪をする道具が無くて困っていることを話題にしていました。
北陸ではスコップ、今はシャベルと呼ぶらしいのですが、必需品です。
旧居に居るときは、来宅者の駐車スペースを確保するため、雪の降らない合間にスコップで私も除雪をしたものです。
今は草貫も除雪もしなくて済む共同住宅に住んで、枕を高くして眠っています。「笑い」
[PR]
# by siho306 | 2017-01-16 04:55 | Trackback | Comments(0)

寒中見舞い


今回の寒波は強烈で長居をしているようです。
今朝の窓枠にはこれまでにない結露が見えます。クシャミ連発です。
ドアの外には、吹き込んだ雪が積もっています。
不要不急の外出は控えるようにとの声も聞こえてきます。
こんな日の鍋祭りはどうなるんでしょうね。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-15 04:57 | Trackback | Comments(0)

警報


大雪警報が出ています。
雪は黙って降るので私には積雪があるのか否かは不明です。
日本海高岡鍋祭りが今日、明日と開かれるのですが毎年誘いに来てくれた高齢の友は、昨年秋に、杖をついて訪ねてくれてから新年になってもまだ訪問してくれないのは、一人歩きがおぼつかなくなったのだろうと推察しています。
鍋祭りの様子は、ローカルニュースを見て楽しむことにしましょう。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-14 08:26 | Trackback | Comments(0)

飲料水


届けられた災害発生時に持ち出すリュックを包んであった袋の中に、触れただけでは正体が何かわからない物が三つばかりありました。
生活支援で来宅したヘルパーに見せて説明をしてもらいました。
懐中電気、小さな笛、暗い所で光って存在を示す物、それと災害時に心得ておくべきことを書いたかなり大きな紙でした。
リュックには氏名を書き込む場所もあるというので、書いてほしいというと、字が下手だからと断られました。
複数のヘルパーを利用していると、苦手なことは他の人に任せるといった傾向が強いようです。
後は私が飲料水や非常食品などを準備して詰めるべきなんでしょうね。
でも、賞味期限が長い飲料水などどこで手に入れるのか知らない私は、せっかくいただいたこのリュックも活用できるかどうか怪しいものです。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-13 05:08 | Trackback | Comments(0)

民生委員


荒れると予報された天気予報が、良い方向へ外れてくれて、時折太陽も顔を見せてくれる日になっていました。
何の心配もなくジル利用をして帰宅すると担当が変わったという民生委員の訪問を受けました。
前任者は上からの目線で接してくる人が続いていたのに、今回は誠実さが感じられる人のようです。
災害発生時に非常持ち出しをするものを入れるという、軽い素材でできたリュックを配布して行って下さった。
中へは何を入れておけばいいのでしょうね。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-12 05:03 | Trackback | Comments(0)

命日


平成11年1月11日に旅だった夫の命日です。
あの年は積雪が少しありました。
今年は今朝現在、雪の顔は見ていないのですが、予報では寒波が近づいて荒れ模様になるようです。
午後、水曜日として今年初めて来宅する動向援護者とジムへ行く予定があるのですが、風説が強まるようだったら正午頃までにキャンセルの電話を入れなきゃなるまいと思案をしています。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-11 04:59 | Trackback | Comments(0)

年賀状


昨年の元旦に、同級生の一人から「来年から賀状は出しません」と書かれた1枚が届きました。
その潔さに憧れを感じたのでした。
私自身、独力で賀状を作ることができなくなっています。
背景に入れる画像やコメントの配置状態を他人の目を借りねばならないので、年末の忙しい時に人を頼ることにためらいを感じています。
もう止める時では?と考えるのですが、私の賀状を読むのが楽しみだなどの言葉が聞こえてくると、気の弱い私は止める決断ができないのです。
今年、いつも来るはずの人3・4人からの賀状がまだ届きません。
背後にはそれなりの理由があるのでしょうが、私には不明です。
この来なかった人への来年の賀状は、私も黙って出さないでおこうと密かに思うのです。
[PR]
# by siho306 | 2017-01-10 04:50 | Trackback | Comments(0)